MENU

WordPressテーマを『SWELL(スウェル)』に変えたので徹底レビュー【結論:最高】

2020 5/06
WordPressテーマを『SWELL(スウェル)』に変えたので徹底レビュー【結論:最高】
悩む人のアイコン画像悩む人

最近、勢いのあるWordPressのテーマ『SWELL』。実際に使っている人目線のレビューが気になるな…

今回はこんな悩みを解決します。

本記事の内容

  • SWELL(スウェル)は最高。これが結論。
  • SWELL(スウェル)のデメリット2つ
  • SWELL(スウェル)のメリット5つ
  • SWELL(スウェル)の評判
  • SWELL(スウェル)に関するよくある質問
  • SWELL(スウェル)の購入&導入方法3ステップ
  • SWELL(スウェル)徹底レビューのまとめ

本記事の信頼性

当サイトで実際に「SWELL」を使っています。
使い始めて3週間ほどの経過したリアルな感想を述べています。
Twitter (@reiiblog) のフォロワーは5,000人ほど。

では早速見ていきましょう。

目次

SWELL(スウェル)は最高。これが結論。

SWELL(スウェル)は最高。これが結論。
SWELL(スウェル)は最高。これが結論。

結論から言うと、SWELLは最高のテーマです。

SWELLはカスタマイズ性がとても高く、デザインの幅もかなり広く、シンプルで美しいデザインを強みとしています。

SEO対策に関しても十分な機能がもちろん搭載。

「コンテンツが全て」と言われる今、テーマ間による差は少なくなってきていると言われています。

なので好きなデザインで選んでOK。
てか僕はSWELLのデザインが好きなので使ってます。

悩む人のアイコン画像悩む人

SWELLが良さそうなのはわかったけど、デメリットとかも知っておきたいよ…

そんなあなたに向けてここからもう少し詳しく解説していきますね。

SWELL(スウェル)のデメリット2つ

SWELL(スウェル)のデメリット2つ
SWELL(スウェル)のデメリット2つ

実際にSWELLを使ってみて感じたデメリットを紹介します。

  • 値段がやや高い
  • 利用者がまだ少ない

これらについて見ていきます。

デメリット①:値段がやや高い

SWELLは他の有料テーマと比較して、値段がやや高めです。

SWLLOW(スワロー)9,900円
STORK19(ストーク)11,000円
JIN(ジン)14,800円
THE THOR(ザ・トール)14,800円
AFFINGER5(アフィンガー)14,800円
SWELL(スウェル)17,600円
Diver(ダイバー)17,980円
賢威24,800円

主要な有料テーマを並べました。

比較してみても正直安いとは言えない値段です。

しかし、

  • デザイン性
  • ブロックエディタに完全対応
  • SWELLが各種テーマの良いとこどりをしたテーマ

という点も含めるとそこまで高くないのかなとも思います。

※すべて後ほど解説します。

デメリット②:利用者がまだ少ない

のちほど述べますが、SWELLはメリットもたくさんある優秀なテーマですが、新しいテーマなだけあって、利用者が他のテーマほど多くないのが現状。

ですが、購入者限定のサイトがあり、そこで開発者に質問することも可能です。

レイのアイコン画像レイ

僕もどうしてもわからないことがあってので質問したのですが、その日の内に解決しました。丁寧で迅速な対応をして頂けました。

この「利用者が少ない」というデメリットに関しては、これから利用者が増えることも見込まれますし、当ブログでも発信していくので大きな問題ではないと言えます。

SWELL(スウェル)のメリット7つ

SWELL(スウェル)のメリット7つ
SWELL(スウェル)のメリット7つ

実際にSWELLを使ってみて感じたメリットを紹介します。

  • 圧倒的に使いやすい
  • ブログデザインの差別化
  • 複数のサイトで使用可能
  • ブロックエディターに完全対応
  • 無駄なプラグインが必要ない
  • 他テーマからの乗り換えプラグインあり
  • SWELLが各種テーマの良いとこどりをしたテーマ

ではひとつずつ、深堀していきます。

メリット①:圧倒的に使いやすい

まずはこれですね。圧倒的に使いやすい。

カスタマイズもしやすいし、ブログも書きやすい。言うことなしです。

メリット②:ブログデザインの差別化

ブログのデザインも差別化できます。理由はまだ利用者が少ないし、カスタマイズの幅が広いから。

Twitter
mechan on Twitter
mechan on Twitter“ブログテーマ買おうと思って… 調べてるなう。 デザイン的にかっこよ〜! って思ったのはSWELL で、 名前とか内容とかかっこよ〜! って思ったのはAFFINGER かっこよ〜...

SWELLには、デザイナーすらも「かっこよ~!」と言わせるデザイン性の高さがあります。

※ツイートのコメント欄を見てみるとSWELLにされてました

SWELLでデモサイトを見てみる≫

メリット③:複数のサイトで使用可能

有料テーマによっては、1つのサイトに1つのテーマという制限があることがあります。

ただ、SWELLは1度購入すれば複数サイトで使いまわすことが可能。もちろん制限はなしです。

SWELLは17,600円と高めの料金設定に見えますが、

  • 2サイト:8,800円
  • 3サイト:5,867円
  • 4サイト:4,400円

このように利用すれば利用するほどお得になります。

レイのアイコン画像レイ

現時点で複数サイト運営している方や、これから複数サイトを運営していこうと考えている方にとって、ここは重要なポイントですよね。

メリット④:ブロックエディターに完全対応

ブロックエディターとは、WordPress5.0から導入された最新のエディターです。

そのブロックエディターにただ対応するだけでなく、SWELL独自のカスタマイズがされているので、記事が書きやすい印象。

レイのアイコン画像レイ

僕は記事を書くスピードが格段にはやくなりました。

メリット⑤:無駄なプラグインが必要ない

SWELLは最初から必要な機能が標準装備されているので、無駄なプラグインを増やす必要がありません。

メリット⑤:無駄なプラグインが必要ない
メリット⑤:無駄なプラグインが必要ない

特に赤枠のところは、プラグインで対応しなければならないテーマも多いので、これはSWELLのかなり強いところ。

プラグインを少なくできるので、サイトの脆弱性や高速化についても安心です。

メリット⑥:他テーマからの乗り換えプラグインあり

これがめちゃくちゃでかいです。

本来であれば、テーマを乗り換える時、旧テーマの機能を使っていると過去記事のデザインが一気に崩れてしまいます。

SWELLであれば、乗り換えプラグインが用意されているので、デザイン崩れを抑えることができます。

  • JIN
  • SANGO
  • STORK
  • Cocoon
  • THE THOR

現在、SWELLでは上記5つのテーマの乗り換え用サポートのプラグインが用意されています。

レイのアイコン画像レイ

乗り換えプラグインのおかげで、デザインも崩れることもなくJINから乗り換えることができました。控えめに言ってもサポート良すぎです。

メリット⑦:SWELLが各種テーマの良いとこどりをしたテーマ

SWELLは2019年にリリースされたばかりの新しいテーマです。

これが意味するところは、いろんなテーマの良いとこどりができること。

STORK19(ストーク)スマホでの圧倒的な読みやすさ
JIN(ジン)デザイン性・心地よい配色
AFFINGER5(アフィンガー)爆速のサイト表示スピードとSEO
THE THOR(ザ・トール)アフィ広告のタグを一元管理する機能

上記のように、後発のテーマならではの良いとこどりで、非常に優秀なテーマとなっています。

SWELL(スウェル)の評判

SWELL(スウェル)の評判
SWELL(スウェル)の評判

SWELLを実際に利用した人の「良い評判」と「悪い評判」の両方を紹介していきます。

SWELL(スウェル)の悪い評判

まず、SWELLを利用してる人の「悪い評判」を紹介します。

それなりの金額なので、「悪い評判」も気になると思います。ぜひ目を通してみてください。

Twitter

SWELLの悪い評判

  • ちょっとお高い

Twitterでいくつかネガティブな言葉で検索かけたんですけど、金額に関するものしかありませんでした…

以下はSWELL開発者のツイート。

あわせて読みたい
Twitter
レイのアイコン画像レイ

僕も開発者の方と同じ感想です。

SWELL(スウェル)の良い評判

続いて、SWELLの利用者の「良い評判」を紹介します。
「悪い評判」と違って、たくさんありました。

Twitter
Twitter

SWELLの良い評判

  • 使いやすい
  • デザインがおしゃれ
  • 開発者が熱心で対応が早い
  • 乗り換えプラグインがあり気軽に乗り換え可能

SWELLの「良い評判」は「悪い評判」と比較して簡単に探すことができました。

「デザイン性」「使いやすさ」「開発者の対応の良さ」を上げているユーザーが多くいた印象を受けました。

レイのアイコン画像レイ

僕も『SWELL』をとても気に入っています。

SWELL(スウェル)に関するよくある質問

SWELL(スウェル)に関するよくある質問
SWELL(スウェル)に関するよくある質問

SWELLに関しての質問で、よく見かけるものをまとめてみました。

  • 表示速度はどうなの?
  • テーマ移行は大変なの?
  • プラグインは入れ替えは必要?

ひとつずつ見ていきます。

質問①:表示速度はどうなの?

SWELLは標準で、高速化機能が内蔵されています。

もちろん、使用しているプラグインとの干渉もあるので一概には言えませんが。

以下のツイートでは、スマホでの速度でTHE THOR(ザ・トール)に圧勝しているみたいですね。

Twitter
レイのアイコン画像レイ

僕自身まだ高速化できてはいないのですが、上のような実例があると安心ですね。

質問②:テーマ移行は大変なの?

何度も述べてきましたが、乗り換えプラグインが用意されているので、テーマ移行は楽勝でした。

テーマ「SWELL」を有効化して、乗り換えプラグインを有効化するだけ。超簡単です。

  • JIN
  • SANGO
  • STORK
  • Cocoon
  • THE THOR

乗り換えに対応しているテーマを再度、挙げておきますね。

レイのアイコン画像レイ

僕もJINからSWELLに乗り換えたんですけど、デザインも崩れることなく乗り換えることができました。

質問③:プラグインは入れ替えは必要?

ずばり、いくつかのプラグインは入れ替えが必要です。

ただし、以下のように公式ページにも、SWELLに対するプラグインをまとめた記事があるので安心。

購入後に確認すればOKです。

SWELLで非推奨・不必要なプラグインと、推奨プラグインについて

SWELL公式
レイのアイコン画像レイ

今後記事にまとめていきますね~

SWELL(スウェル)の購入&導入方法3ステップ

SWELL(スウェル)の購入&導入方法3ステップ
SWELL(スウェル)の購入&導入方法3ステップ

最後にSWELLの購入~導入までの手順を解説します。

  1. SWELL(スウェル)を購入する
  2. SWELL(スウェル)をダウンロードする
  3. SWELL(スウェル)を導入する

もちろん画像付きなので、そのまま真似してやってみてください。

ステップ①:SWELL(スウェル)を購入する

まずは、『SWELL公式ページ』へアクセスしましょう。

SWELLの公式ページへ≫

ステップ①:SWELL(スウェル)を購入する
ステップ①:SWELL(スウェル)を購入する

画面を少しスクロールして、「クレジットカード」「銀行振込」を選択して購入します。

ステップ②:SWELL(スウェル)をダウンロードする

購入者専用のサイトにアクセスして、マイページの中に以下の欄があります。

ステップ②:SWELL(スウェル)をダウンロードする
ステップ②:SWELL(スウェル)をダウンロードする

上の画像の中の、

  • SWELL(最新版)
  • SWELL子テーマ
  • 乗り換え用サポートプラグイン(必要なら)

ダウンロードします。

ステップ③:SWELL(スウェル)を導入する

WordPressの『外観』の中の『テーマ』をクリックします。

画像の赤枠の『新規追加』をクリック。

ステップ③:SWELL(スウェル)を導入する
ステップ③:SWELL(スウェル)を導入する

画像の赤枠の『テーマをアップロード』をクリック。

ステップ③:SWELL(スウェル)を導入する
ステップ③:SWELL(スウェル)を導入する

画像の赤枠の『ファイルを選択』をクリック。

ステップ③:SWELL(スウェル)を導入する
ステップ③:SWELL(スウェル)を導入する

続いて、以下のzipファイルをアップロードします。

  • swell-2-0-6-1(数字はダウンロードした時のバージョンによって変わります)
  • swell_child

最後に、『SWELL CHILD』を有効化すれば、導入は完了。

※『SWELL』の方はアップロードしてるだけでいいので、特に何かすることはありません。

レイのアイコン画像レイ

これで終わりです。同じSWELL使いとして一緒に頑張りましょう!

SWELL(スウェル)徹底レビューのまとめ

SWELL(スウェル)徹底レビューのまとめ
SWELL(スウェル)徹底レビューのまとめ

以上が、SWELLを実際に使用している筆者目線での徹底レビューになります。

5000字以上の長いレビュー記事となってしまいましたが、僕が最後に言いたいのは『乗り換えて良かった』ということです。

この記事が、SWELLを購入するか迷っている方の後押しになれば幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる