MENU

Twitterのブックマークの使い方を解説【簡単】

2020 5/13
Twitterのブックマークの使い方を解説【簡単】
悩む人のアイコン画像悩む人

有益なツイートをよく見るけど毎回スクショするのは面倒だな…
Twitterに何か良い機能ないのかな…

今回はこんな悩みを解決します。

本記事の内容

  • Twitterのブックマークとは
  • Twitterのブックマークの使い方
  • Twitterのブックマークの使い方【実例】

本記事の信頼性

Twitter (@reiiblog) のフォロワーは5,500人ほど。

先日このようなツイートをしました。

あわせて読みたい
Twitter

このツイートに対して、

フォロワーのアイコン画像フォロワー

Twitterにブックマーク機能があることを知りませんでした…

といった声をいくつか見かけたので、この記事で解説していきます。

では見ていきましょう。

目次

Twitterのブックマーク機能とは

Twitterのブックマーク機能とは
Twitterのブックマーク機能とは

気になったツイートをブックマークに保存して、ブックマーク一覧から確認できるようにする機能

Twitterのブックマーク機能とはこんな感じです。

それでは「いいねとの違い」だけ解説しておきます。

Twitterブックマークといいねの違い

悩む人のアイコン画像悩む人

いいねではだめなの…?

もちろんダメではありませんが、ブックマークの方が使い勝手がいいです。

いいねとの違いとしては、

  • 埋もれない
  • 相手に通知が届かない
  • タイムラインに表示されることはない

以上が挙げられます。

簡単に解説します。

いいねとの違い①:埋もれない

いいねを既読感覚でつける方も多いかと思います。

そんな中に「気になるツイート」があっても埋もれてしまい、いざという時に探すのが大変です。

ブックマーク機能ならそのような心配はありません。

いいねとの違い②:相手に通知が届かない

ツイートをいいねした場合は「~さんがいいねしました」という通知がツイート主に届きます。

しかし、ブックマークに保存した場合はツイート主には何の通知も届きません。

気になったツイートをツイート主にバレることなく保存できるのがメリット。

いいねとの違い③:タイムラインに表示されることはない

いいねをした場合は他のユーザーのタイムラインに「~さんがいいねしたツイート」と表示されることもあります。

しかし、もちろんブックマークに保存した場合は他のユーザーのタイムラインに表示されることがありません。

こういった面から「他の人にバレるのは嫌だけど気になったツイート」を保存できるのも嬉しい点。

Twitterのブックマーク機能の使い方

Twitterのブックマーク機能の使い方
Twitterのブックマーク機能の使い方

Twitterのブックマーク機能の使い方は以下の通り。

  1. ツイートをタップ
  2. いいねの横の上矢印をタップ
  3. 「ブックマークに追加」をタップ
  4. サイドバーの「ブックマーク」から確認

たったこれだけ。

では一つずつ見ていきましょう。

Twitterブックマークの使い方①:ツイートをタップ

ブックマークに保存したいツイートをタップします。

Twitterブックマークの使い方②:いいねの横の上矢印をタップ

Twitterブックマークの使い方②:いいねの横の上矢印をタップ
Twitterブックマークの使い方②:いいねの横の上矢印をタップ

次に、画像の赤丸で示した場所をタップします。

Twitterブックマークの使い方③:「ブックマークに追加」をタップ

Twitterブックマークの使い方③:「ブックマークに追加」をタップ
Twitterブックマークの使い方③:「ブックマークに追加」をタップ

次に赤枠で示した、「ブックマークに追加」をタップします。

これでブックマークへの追加は完了です。

Twitterブックマークの使い方④:サイドバーの「ブックマーク」から確認

では、次にブックマークに追加したツイートを確認する方法です。

Twitterブックマークの使い方④:サイドバーの「ブックマーク」から確認
Twitterブックマークの使い方④:サイドバーの「ブックマーク」から確認

サイドバー内の赤枠で示した「ブックマーク」をタップします。

Twitterブックマークの使い方④:サイドバーの「ブックマーク」から確認
Twitterブックマークの使い方④:サイドバーの「ブックマーク」から確認

以上です。とっても簡単ですよね。

Twitterのブックマークの使い方【実例】

Twitterのブックマークの使い方【実例】
Twitterのブックマークの使い方【実例】

では、どんな時にブックマークを活用するかを僕の実例を踏まえてご紹介します。

  • 有益なツイート
  • 真似したいツイート
  • 反応が良かった自分のツイート

僕がブックマークするのは上記の3種類です。

それぞれ簡単に解説していきます。

Twitterブックマーク実例①:有益なツイート

Twitterは流れがとても速いので、有益な情報を逃してしまうこともしばしば…

なので「これは!」と思ったら即ブックマークしましょう。

定期的に見返して、必要ないと思えばブックマークから削除すればOK

Twitterブックマーク実例②:真似したいツイート

ズバリ、心を動かされたツイートやバズっているツイートのこと。

そういうツイートは、内容は言わずもがなですが、

  • ツイートの型
  • ツイートの書き方

なども参考になる点が多いです。

そのまんまコピペしてツイートはだめですが、参考になる点はどんどん取り入れていきましょう。

Twitterブックマーク実例③:反応が良かった自分のツイート

反応が良かった自分のツイートをブックマークする理由は、

  • いざという時にRTする
  • ツイネタに困ったときに再利用できる

以上の2点。

いざという時とは、

  • 紹介ツイートされた時
  • 自分のツイートでプチバズが起きた時

のように、多くの潜在フォロワーがプロフィールページに訪れる可能性があるとき。

レイのアイコン画像レイ

その時にこっそりRTして、潜在フォロワーにしっかりアピールしましょう。

Twitterのブックマーク機能の使い方のまとめ

Twitterのブックマーク機能の使い方のまとめ
Twitterのブックマーク機能の使い方のまとめ

Twitterのブックマーク機能の使い方は以下の通り。

  1. ツイートをタップ
  2. いいねの横の上矢印をタップ
  3. 「ブックマークに追加」をタップ
  4. サイドバーの「ブックマーク」から確認

ブックマークするのをオススメするのは以下のツイート。

  • 有益なツイート
  • 真似したいツイート
  • 反応が良かった自分のツイート

Twitterには有益な情報が毎日、大量に発信されています。

その中から、自分に必要なツイートをうまく選別してあなただけの参考書を作成してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる