MENU

Twitterの企画とは?やり方は?メリットデメリットすべて解説【実例あり】

2020 5/13
Twitterの企画とは?やり方は?メリットデメリットすべて解説【実例あり】
悩む人のアイコン画像悩む人

Twitterで企画をやってみたけど大失敗だった…

今回はこんな悩みを解決します。

本記事の内容

  • Twitterの企画とは
  • Twitter企画のメリット
  • Twitter企画のデメリット
  • Twitter企画の実例
  • Twitter企画を成功させるためのヒント

本記事の信頼性

僕はTwitter企画をうまく活用し、Twitter開始30日相互なしでフォロワーさん2000人を突破しています。
現在の Twitter (@reiiblog) のフォロワーは5,500人ほど。

先日、このようなツイートをしました。

今回はこのツイートを深堀りしていきます。

目次

Twitterの企画とは

Twitterの企画とは
Twitterの企画とは

Twitterの企画とは、

  • 参加条件(いいね、フォロー、RTなど)
  • 何をするか(紹介、ブログ添削、Twitterコンサルなど)

をツイートし、開催するものになります。

以下が、僕が実際に開催した中で一番反響があった企画です。

いわゆる「アカウント紹介」系の企画ですね。

よく開催されている企画でいうと、

  • アカウント紹介
  • プロフィール添削
  • Twitter運用アドバイス
  • 有料noteプレゼント
  • ヘッダー制作
  • ブログ添削

あたりがあります。

みなさんもよく見かけるものばかりではないでしょうか。

Twitter企画をやるメリット

Twitter企画をやるメリット
Twitter企画をやるメリット
  • 勉強になる
  • 強制的に本気になる
  • 拡散力を利用できる
  • 権威性を発揮できる
  • フォロワー数が増える

Twitter企画をやるメリットは以上の通りです。

それぞれ解説していきます。

Twitter企画のメリット①:勉強になる

多様な参加者を相手にするから勉強になる

Twitterにはいろんな人がいて、

  • 年齢
  • 性別
  • 職業
  • 価値観
  • Twitterを運用している理由

などなどそれぞれ背景が違う人が参加してくれます。

企画内容によりけりですが、このような多様な参加者を相手にすることで開催者側はとても勉強になります。

Twitter企画のメリット②:強制的に本気で取り組む場になる

参加者がいる=絶対に後悔はさせたくないから本気になる

参加者がいるということは、あなたへ何かしらの期待をして参加してくれています。

参加してくれているということは、参加条件を満たすため何かしらの行動を起こしてくれているということです。

そんな参加者を後悔させるわけにはいきませんよね。

その責任感が強制的にあなたを成長させてくれます。

Twitter企画のメリット③:拡散力を利用できる

いいね、RTなどで自然と拡散力を利用できる

参加条件次第ではありますが、

参加条件に「いいね、RT」を入れることで自然な拡散力を利用できます。

悩む人のアイコン画像悩む人

RTに拡散力があるのはわかるけどいいねにも拡散力ってあるの…?

そんなあなたは以下の画像をご覧ください。

Twitter企画のメリット③:拡散力を利用できる
Twitter企画のメリット③:拡散力を利用できる

このようにフォローしている人がいいねしたツイートはタイムラインに上がることがあるので拡散力がないとは言えません。

もちろん拡散力は「いいね<RT」であることは否めませんが、フォロワーではない人のタイムラインに上がる可能性を秘めているのは事実です。

Twitter企画のメリット④:権威性が生まれる

企画開催者が全権限をもつので権威性が生まれる

企画では開催者が全権限を持つので、そこに権威性が生まれます。

そして、この権威性は企画終了後、すぐに消え去るようなものではなくて、

当分の間は「〇〇の企画をしていた人」というイメージを植え付けることができます。

そのイメージを利用して影響力を高めていくことも可能になります。

Twitter企画のメリット⑤:フォロワー数が増加する

ほぼ間違いなくフォロワー数が増加する

多くの方が企画を開催する理由は「フォロワー数の増加」ですよね。かくいう僕もそうでした。

企画をやってみてはじめて先ほど挙げた理由たちを発見した、という感じです。

そして結論を言うと、企画が失敗に終わらない限り、ほぼ間違いなくフォロワー数は増加します。

レイのアイコン画像レイ

後ほど実例として紹介しますが、僕はフォロワー500人達成企画中に700人に到達し、500人企画と700人企画を同時並行で進めていた時期があります。笑

Twitter企画をやるデメリット

Twitter企画をやるデメリット
Twitter企画をやるデメリット
  • 時間・労力がかかる

Twitter企画をやるデメリットは以上、1点です。

では解説していきます。

Twitter企画のデメリット①:時間・労力がかかる

企画内容にもよりますが少なからず時間がかかる

唯一のデメリットと言ってもよいのが、「時間・労力がかかる」ということ。

企画の開催方法や内容にもよりますが、かなりの時間と労力がかかります。

レイのアイコン画像レイ

手っ取り早く、かかる時間・労力を減らすなら当選人数を少なくすること。でも、その分参加人数が減るので要検討です。

Twitter企画の実例

Twitter企画の実例
Twitter企画の実例

僕が開催したTwitter企画を今からご紹介しますね。

フォロワー数の区切りの企画

フォロワー300人突破したときの企画です。

レイのアイコン画像レイ

貼ってあるツイートのリプ欄に参加者全員へのアドバイスがあるので、Twitter初心者は参考にしてみてください!

フォロワー数500人突破したときの企画です。

レイのアイコン画像レイ

RTすると参加者が増えて当選人数が減る、というジレンマをなくそうと当選人数を割合にするという試みをしてみました。

フォロワー数700人突破したときの企画です。

レイのアイコン画像レイ

Twitter運用に関してとても勉強になった企画でした。

フォロワー数3000人突破したときの企画第1弾です。

レイのアイコン画像レイ

流行りのフォロワー紹介企画です。

フォロワー数3000人突破したときの企画第2弾です。

レイのアイコン画像レイ

すでに終わりましたが、僕自身も勉強になりました。

フォロワー数3000人突破したときの企画第3弾です。

レイのアイコン画像レイ

ブロガーらしい初めての企画です。

気まぐれで開催したゲリラ企画

Twitter運用についてのコンサル企画です。

レイのアイコン画像レイ

気まぐれでやりたくなったのでやってしまいました…

Twitterプロフィール文の印象を伝える企画です。

レイのアイコン画像レイ

140字という制限はあるもののたくさんのご参加を頂いてます。

フォロワーさん紹介企画です。

レイのアイコン画像レイ

ゲリラ企画なのにたくさんのご参加を頂きました。

たまにやってるお遊び企画です。

レイのアイコン画像レイ

楽しいだけと思いきや、実は瞬間的な発想力を鍛えられます。

コラボ企画

初のコラボ企画で、まこ(@makoto200s)と開催した企画です。

レイのアイコン画像レイ

はじめてのコラボ企画でした。

Twitter企画を成功させるためのヒント

Twitter企画を成功させるためのヒント
Twitter企画を成功させるためのヒント
  • 参加条件をゆるくする
  • 募集期間は短めにする
  • 募集期間中から実行
  • 自分のフォロワー層に合った企画内容にする

企画を成功させるためのヒントとしてはこんな感じです。

ではそれぞれ解説していきましょう。

ヒント①:参加条件をゆるくする

参加者を増やすために参加条件を緩くする

企画失敗した人に多いのは、参加条件が厳しすぎるということ。

ここでの「参加条件が厳しい」の基準はというと、

開催者側の得≒参加者側の得

となっていると、「参加条件が厳しい」の域に到達しているのかなと考えられます。

少なくとも、

開催者側の得<参加者側の得

となるようなバランスにしましょう。

一応、例を示しておきますね。

  • 参加条件:フォロー、RT、いいね、リプ
  • 企画内容:あなたの固定ツイートをRTします

あまりにも極端ですが、このようにバランスが取れていない企画は必ず失敗します。

ヒント②:募集期間は短めにする

限定感を出すために募集期間は短めにする

企画の参加者を増やしたいからと言って、募集期間を極端に伸ばしてしまうのはオススメできません。

理由は、限定感が無くなってしまうから。

いつもやっているセールに魅力を感じないのと同じです。

レイのアイコン画像レイ

2~3日くらいで十分だと思います。

ヒント③:募集期間中から実行

参加を迷っている人へのアピールも兼ねて募集期間中でも随時実行していく

企画内容によって出来そうなら募集してくれた人からガンガンやっていきましょう!

下記ツイートのリプ欄を見て頂けると分かるのですが、募集期間中にもかかわらずどんどんアドバイスをしています。

ヒント④:自分の発信内容に沿った企画内容にする

企画終了後にフォローを外されないためにも自分の発信内容に沿った企画内容にする

自分の普段の発信内容と全く違う企画を開催するのはあまりオススメできません。

理由は単純で、企画後にフォローを外されてしまう可能性が上がるから。

以下に例を挙げておきます。

発信内容:筋トレのみ
企画内容:Twitter運用アドバイス

またまた極端ですが、こんな感じ。

そもそも参加者が増えるかも微妙ですが、仮に参加者が増えたとしても普段の発信内容が全く違うので、フォロー解除の可能性が高くなります。

なので、企画を行う際は自分の発信内容に沿った企画内容にしましょう。

Twitterの企画とは?やり方は?メリットデメリットすべて解説のまとめ

Twitterの企画とは?やり方は?メリットデメリットすべて解説のまとめ
Twitterの企画とは?やり方は?メリットデメリットすべて解説のまとめ
  • Twitterの企画とは
  • Twitter企画のメリット
  • Twitter企画のデメリット
  • Twitter企画の実例
  • Twitter企画を成功させるためのヒント

今回は上記の内容について解説しました。

上手なTwitter企画は、開催者側、参加者側双方にメリットをもたらします。

基本的にはメリットだらけなのでぜひやってみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる