副業Webライターの始め方!最速で月1万円稼ぐ3ステップ

副業Webライター

こんにちは! レイです。

手軽に副業を始めてみたい!という方におすすめなのが「Webライター」
パソコンがあれば簡単に始めることができ、経験を積んでいくと月に5万円以上稼ぐことも十分可能です。また、在宅で隙間時間にできるのも副業に向いています。

本記事では、現役編集記者で副業Webライターの経験もある私・レイが、Webライターの始め方や、未経験でも最速で月1万円稼げる最初のステップを解説します。

レイ
レイ

こんな人におすすめ!

・副業でWebライターをするにはどうしたらいいの?

・Webライターの始め方がわからない

・Webライターって未経験でも稼げるの?

・Webライターに必要なスキルって?

・Webライターのメリットとデメリットが知りたい

副業Webライターはどんな仕事をするの?

まず、Webライターがどんなお仕事なのかを紹介します。
Webライターとは、主にWeb上に掲載する文章を作成する職業です。中には記事のコンテンツを企画したり、写真撮影をしたりといった業務が発生することもありますが、基本的には文章を書く作業がメインです。

Webライターが行う業務の一例

・文章の執筆
・記事タイトルの作成
・リサーチ
・コンテンツの企画
・取材
・写真撮影
・コンテンツ管理システム(CMS)への入力作業
・記事の修正作業

企業が運営する商業Webメディアやブログ、あるいは個人が運営する大規模なブログなどのコンテンツ作成にかかわることが多いです。

Webライターは、案件によって業務の範囲が異なるのが大きな特徴です。案件を受ける前に、作業範囲をよく確認しておきましょう。

副業Webライターのメリット・デメリット

始める前に知っておきたい、副業Webライターのメリット・デメリットを紹介します。

メリット1.どこでも働ける

Webライターは、パソコンとネット環境さえあればどこでも仕事をすることができます。そのため、自宅やカフェなど、好きな場所で働けるのがメリットです。

メリット2.隙間時間に働ける

副業でWebライターを始めたい人の中には、本業が忙しい人もいるでしょう。その点Webライターは、基本的に決まった時間に働く必要はありません。締切さえ守れれば、好きな時間に仕事ができます。

メリット3.初期費用が少額

先にも述べましたが、 Webライターはパソコンとインターネット環境さえあればすぐに始めることができます。少ない費用ですぐ始められるのは、Webライターの大きなメリットと言えるでしょう。

メリット4.特別な知識がなくても始められる

Webライターは、特別な知識がなくても始められます。趣味や本業を生かして記事を書くことも可能です。ただし、魅力的な記事が書けるようになるまでには、執筆経験を積む必要があります。

レイ
レイ

SEO記事(検索エンジン向けに最適化された上位表示を狙った記事コンテンツ)などを書く際には、専門知識が必要となる場合があります。

メリット5.仕事の幅を広げられる

Webライターの経験をもとに、編集者やWebディレクター、コピーライターなど、仕事の幅を広げていくことも可能です。経験や知識を増やすほど、仕事の選択肢も増えていくのが魅力です。

デメリット1.単価が安いことが多い

Webライターのデメリットは、単価の安い案件が多いことです。特に未経験者がクラウドソーシングサービスなどを利用して案件を受ける場合、単価は低くなりがちです。一般的には、経験を積むことで単価の高い案件を受けられるようになります。

デメリット2.自己管理能力が必要

Webライターは、時間や場所に縛られることがほとんどない分、自分で作業時間を決めて計画的に記事を執筆する必要があります。どんなにやる気が出なくても、仕事で疲れていても、決められた納期に必ず間に合うようにスケジュールを立てなければなりません。

レイ
レイ

納期を守れないと、継続して仕事をもらうことが難しくなります。そのため、自己管理はきちんと行うようにしましょう。

副業Webライターの始め方

ここからは、未経験者が副業Webライターになるための方法を簡単な3つのステップで紹介します。

ステップ1.作業環境を整える

まずは仕事をする環境を整えましょう。Webライターは、パソコンとネット環境があればすぐに始められます。スマートフォンでも文章は書けますが、効率の良さを考慮するとパソコンがあったほうが良いでしょう。

記事を提出する形式に、マイクロソフト社のWordなどを指定される場合もあるので、Officeソフトが使えるパソコンを用意するのがおすすめです。

レイ
レイ

GoogleドキュメントなどGoogleのクラウドサービスを利用することも多いため、Googleのアカウント(無料)は、あらかじめ作っておいた方が良いでしょう。

ステップ2.案件を探せるサイトに登録をする

作業環境が整ったら、Webライターの案件が探せるクラウドソーシングサービスに登録しましょう。クラウドソーシングサービスをおすすめする理由は、未経験者でも案件を獲得しやすいからです。

例えばWebメディアなどのライター募集の場合、実績を求められることがほとんどです。その点、クラウドソーシングサービスであれば、未経験者歓迎の案件もあるため、応募しやすいのです。

クラウドソーシングサービスは、クラウドワークス」や「ランサーズがおすすめ。どちらも業界最大手の総合型クラウドソーシングサービスで、案件数が多いのが特徴です。

ステップ3.案件を受注して執筆する

最速でWebライターで月1万円稼ぐためのポイント

ここでは、未経験者が最速で月1万円稼ぐためにチェックしておきたいポイントを紹介します。

ポイント1.プロフィール作成は丁寧に

実績のない未経験者の場合、プロフィールの情報は特に重要です。実績がないから書くことが何もない…と思う人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

精通している分野や趣味、資格などの情報も、大事な判断ポイントになります。案件によっては、その分野に詳しい人に書いてほしい、といったニーズもあるからです。

レイ
レイ

丁寧な文章で書かれていることで、ライターとしての信頼性も増します。見やすいように見出しを区切ったり、重要な情報から順に書いていったりするなど、見る人の立場に立った構成を意識しましょう。

ポイント2.最初は数をこなす

未経験の場合は、最初は単価の高い案件に応募しても、ほとんど依頼を受けることができません。まずは単価の安い仕事に応募し、実績を作っていくことが大切です。実績があれば信頼性が増し、高単価な案件を受けることもできるようになります。また、数をこなすことで実力も上がっていきます。

ポイント3.納期は厳守!

どんなに良い文章を書いたとしても、締め切りが守れない人に継続して案件を依頼をするのは難しいです。私も編集者としてWebライターに仕事を依頼することがありますが、最も重視しているのは締切を守れるかどうかです。

レイ
レイ

時間を守れるか、円滑にコミュニケーションが取れるかなど、社会人としての基本を備えているかどうかは、Webライターとして仕事をする上でも重要です。

まとめ

未経験者がWebライターとして副業で稼ぐことは、それほど難しくありません。初期費用が少額で特別なスキルが必要ないため、誰でも始めやすいのがメリットです。

ただしその分、ライバルも多いです。実績を積み、スキルアップをしていくことで安定した収入を得られるようになるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました